ご挨拶

高倉社労士事務所

神奈川県横浜市中区住吉町2-27 テーオービル6F-A
TEL 045-355-0864
FAX 045-330-5904

高倉健一郎社会保険労務士の高倉健一郎と申します。この度は、弊事務所のホームページをご覧いただき誠に有難うございます。「社会保険労務士事務所」のホームページを検索している貴方は経営者あるいは人事労務担当者で、今、職場のトラブル対応に頭を悩ませているのではないでしょうか?通常業務を終え、疲れているのに「ワラをも掴む」気持ちで解決の糸口を求め、一人パソコンに向かっている・・・そんなところではないでしょうか。

私は、そんな皆様のために2010年4月「高倉社労士事務所」を開業いたしました。是非ご相談ください、お1人で悩むのはやめて一緒に悩みましょう。そしてリラックスしてください、貴方は1年後同じ悩みでは悩んでいないはずです。

以前は想像もつかない職場トラブルが起きない日はない。このような日々を生き抜くために、御社は強力な自衛手段のための「シールド(盾)」を身につけなくてはなりません。

それが「就業規則」です。無用なトラブルの原因は、御社の「就業規則」にある可能性が大、です。あなたは「就業規則」を読んだことがありますか?まさか会社の金庫にしまいっぱなしなんてことは・・・。

昨今の景気低迷により労働者への圧力も高まっています。労働者はすでに自衛のためにインターネット等を活用し、労働法を勉強して、会社の労務管理体制の弱点を狙っています。現状、経営者にとって「不利」な情報が巷に溢れています。

2008年3月には、ご存知のように「労働契約法」が施行されました。急増する労使間のトラブル防止を目的とした「労働契約法」そして「労働基準法」は明らかに「労動者に有利」な法律です。いったん労働トラブルが発生すると、法的に経営者側に不利な判断を下される可能性が大きいといえます。経営者を守る法律はどこにもありません・・・
だからこそ「シールド(盾)」=「就業規則」が必要なのです。

「就業規則」とは、労使間における労働条件や職場のルールを定めたもの・・・
こんな当たり前に思える「就業規則」が御社のトラブルを未然に防ぎ、さらには労働者のモチベーションアップ、業績アップへと繋がる可能性を秘めているのです。

幣事務所は「就業規則」作成業務に特化した「労働法に強い社会保険労務士事務所」を目指し、日々業務に励んでいます。

皆様の会社を思う気持ちを込めた「就業規則」を作るお手伝いをいたします。そして、早く会社を出て家族や友人と楽しい時間を過ごしましょう。

皆様が快適な職場環境のもと充実したワークライフをお過ごしいただけるよう心よりお祈り申し上げます。
最後までお読み下さり有難うございました。

敬具
平成22年 7月15日
社会保険労務士 高倉健一郎