労務に関するコラム

高倉社労士事務所

神奈川県横浜市中区住吉町2-27 テーオービル6F-A
TEL 045-355-0864
FAX 045-330-5904

会社の経営を支える社労士

会社の経営に関わる事を管理するプロというのが社労士だ。経営というものはあらゆる資源が元になって成り立っている。それら多くの資源が成り立って会社の経営というものが成り立っているのである。とりわけ金銭的資源というものは会社の屋台骨になるので一に大切な事だ。ではこの金銭的資源を人的資源にどう結びつけるかが重要なのが労務管理である。

労務管理をする社労士には人材採用から始まり人材配置、適職審査(部署の割り振り)、職務に対しての実績(職務遂行能力)の開発、それらのベースを作り上げる教育の推進及び仕事に対する正当な評価が求められる。この労務士の正当な評価によって社員の報酬及び処遇、キャリアアップなどが決まる。この人事管理をする事による会社のより一層の利益が求められ働いている社員の管理を行うことにより徹底された経営状態の管理を行うのが社労士の役目だ。経営に関しては把握しなければいけないことは他にも多々あり福利厚生、踏み込んだ表現では人間関係の管理。
又特定の分野では安全衛生の管理などが仕事としてついてまわる。とりわけ労働管理のスペシャリストである彼らには労働に関するすべての相談というものがなされる。勤続している社員一人一人それぞれ勤務体制、勤務処遇、勤務報酬などが違うのでそこは社労士としてしっかり掌握しておかなければならないことだ。とりわけ企業側目線からとらえられがちだが社員が円滑に働けるための潤滑油の役割を担っているので様々な場面で社労士というものが関わってくる。とりわけ「人」というものに多く関わってくるこの労務管理の現実問題としては年々多種多様、個別化している。例えば例を挙げると残業に対する報酬などの問題や勤務のハードワークによる有給休暇の問題など一歩踏み外すと労働基準法違反にも繋がりかねない案件なども含まれている場合も多々あります。
こういった問題が起こらないための整理とメンテナンスをするのが社労士の仕事の一つにあります。労務管理というのは働く上で何よりも優先される事項でありますのでぬかるみのない管理というものが会社の信用へと繋がってきます。